Google

ラブホテルファンド

「ラブホテルファンド」は、現実的に利回りが良く、密かに脚光を浴びているファンドです。

「え?ラブホテル?!」と思われるかもしれませんが、ラブホテル市場は実に約2兆円規模に及びます。


ラブホテルファンドは、事業として重要な要素である、
「収益性」「安定性」「持続性」
この3つを併せ持っている事業です。
資産運用にまさに最適な投資対象なのです。

なぜ、この8.4%という配当利回りがせっていできるのか?

それは人間の生理的欲求を満たすビジネスであるからなのです!

・収益性
好きなときに好きなだけ利用したい。その為時間貸しとう発想が生まれました。
1日3回転以上の高い稼働性と低い運用コストにより、この運用収益が実現されます。

・安定性
ラブホテルのイメージが先行して、大手企業が不在である為、競争率が低いのです。更に他店舗と隣接していてもエリアとしての認知度が上がるため、逆に新規参入は歓迎されるのです。

・継続性
実はこのラブホテルビジネスは江戸時代から続く市場です。いつの時代も成果移住何処でも、やはりこのビジネスはなくならないでしょう。また一般の市場に比べて不況にも強いという特徴も持ちます。理由は、、お分かりですよね。


ただし、ラブホテルファンドの今後は。。
不動産価格の高騰により、ラブホテルファンドを今後組成をする商品については、現状の市場を鑑みると、これまでと同様に低価格で優良物件を取得することは極めて困難な状況であります。

このまま現状の上昇傾向が続けば、8.4%の配当を確保することは非常に難しくなってきそうだとの見方が強くあります。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/51293423

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。